こんばんは

昨日、2台ピアノの本番でした。


芸術文化センターの小ホールは何度か演奏させていただいたり、
裏方として出入りする機会があったりと高校時代からお世話になっているホールです。
とても響きが良く、木の温かみがあり、聴く側にも演者側にも素敵な場所です。

今回演奏したのは、
スクリャービン:2台ピアノのためのファンタジー※1
ということなのですが、どうでしたでしょうか。

どちらかというと、有名どころではない、と私は思っています。
曲についての情報もほとんどなく、学生時代に書かれた曲。ということくらいしか。
楽譜を読みこんでみると、テーマがちりばめてあり、1stと2ndを行ったり来たり。
私の言うところの隠しコマンドがたくさん。
弾けば弾くほど、楽譜を見れば見るほど、スクリャービンが隠しコマンドを入れている姿が目に浮かびます。('▽'*)ニパッ♪

2台ピアノの録音するなら1st、2ndで左右にパン振りしてステレオできいてほしいってしたらどうなるんかなあ。面白い。
正直モノだと良さは半減だと思ったりします。私の偏見ですけどね。

※1
有名で誰が聞いてもかっこよくて聴きごたえがある曲、も候補にあったのですが、
選曲当時2台ピアノが4組の予定で、そちらのグループと被ってしまっていたので、
重くてかっこいい曲が並ぶのなら、少しさらっとしているけども、隠しコマンド(?)がたくさんある系にしよう!
となり、この曲を演奏することになりました。
(その後、プログラムを見たら、3組になっており、その曲を選曲していても被らなかった。。。(;´Д`)
なんであえてこの曲になったの?というニュアンスの声があったので。後悔はしてないですよ!とっても良い曲です!噛みしめてほしい。